ビーグレンが店舗販売されていない理由

ビーグレンが店舗販売されていない理由

ビーグレンが店舗販売されていない理由について考えてみた

ビーグレンはその販売方法を公式サイトを主とする通販に限った化粧品のシリーズで、品揃えの多い大手ドラックストア等も含めて店舗経由での販売は行われていません。その理由は、ビーグレンの化粧品としての性質から見て取る事が出来ます。

 

まずビーグレンは10数種類の多彩な製品ラインナップを揃え、肌の状態や体質に合わせて幾つかの製品をピックアップしてのセット販売を行っています。

 

初回購入のトライアルを中心とするこうした方式での製品提供は、各製品毎の性質を深く掘り下げて捉え無ければ、効果的に行う事が出来ません。従って店舗経由ではこうした取り組みが難しく、実際にトライアルセットの提供は公式サイトに限られています。

 

またビーグレンでは365日体制での返金保証等、手厚いサポートを購入者に対して付与しています。この取り組みの為には、購入者個人の履歴をしっかりと把握して置く必要があります。

 

ですので公式サイトでは個人毎のIDを発行し、その情報に基づいた販売体制が整えられています。店舗での販売ではどうしても金銭のやり取りのみを梃子にした販売が行われるので、同様の対応が取れず、それ故に店舗への卸売りを見送っているという訳です。

 

ビーグレンの化粧品とロフトなどの店舗販売

紫外線が強くなる季節になると心配になるのが肌のシミです。シミができて濃くなると、ファンデーションでカバーしても完全にカバーできないこともあるため、多くの女性が悩んでいます。

 

最近は、優れた美白化粧品が次々と誕生し、通販ショップでも多くの美白化粧品が販売されています。女性の間で話題となっている美白化粧品がビーグレンのCセラムです。

 

Cセラムは、即効性を発揮する美容成分ビタミンCが高い濃度で配合されています。ピュアビタミンCが超微小カプセルに包まれて肌に届き、皮脂のバランスを整えながら透明感のある美しい肌へと導きます。

 

Cセラムは、シミはもちろん、たるみやニキビ、ニキビ跡、くすみにも効果が期待できます。

 

ビーグレンの化粧品は、独自の浸透テクノロジーで知られています。優れた浸透テクノロジーのおかげで、美容成分が角層の奥まで届き、効果を持続させることができるのです。

 

水溶性と油溶性の成分を重ね合わせることで、早く効果を実感することが可能になります。また、超微小カプセルに美容成分が包み込まれているため、肌に対する刺激も少なく効果も安定して発揮できます。

 

女性に人気があるビーグレンは、公式ホームページから購入できます。ロフトなどの店舗では販売されていません。

 

⇒ビーグレンの公式ページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る